バニラエア利用での国内旅行で、遅延にあった

LCC航空で初めて遅延で乗れなかった体験

バニラエアバニラエア|セブ

LCCで飛行機で国内を移動することにも慣れてきたので、子供が大きくなって久しぶりに家族旅行に行こうと今回はバニラエアを利用して、成田から札幌まで飛ぶことにしました。
飛行機が安く使えたら国内旅行もかなり交通費が浮くんですよね。
1人3000円以下で札幌までいけるわけですから、新幹線などを使うことを考えたら破格の安さです。
こういうところがLCCの最大のメリットですから、やはりうまく使うべきだと思います。
しかし今までスタージェットなど各種LCC航空を使ってきましたが、今回初めて遅延で乗れなかった、という体験をしたのです。
行きのバニラエアは新しい飛行機だったようで設備も新品で快適なフライトを堪能したのですが、帰りの飛行機は出発時間15分前になっても搭乗アナウンスが出ないのです。
どういうことなの?と乗客もザワザワしていますが、バニラエアからのアナウンスはなく、たずねても「遅延しております、申し訳ありません」と繰り返すばかりでした。
東京の大気が不安定でという事らしかったのですが、表示板には「遅延」と繰り返して出るだけで、現在の状況などは個人で聞きに行かないとアナウンスは一切ありません。
一応出発前に調べたところ、バニラエアでは天候不良などが原因での大幅な遅延や欠航の場合の対応は、空席のある自社便への振り替えと払い戻しです。

LCC航空で初めて遅延で乗れなかった体験 | 遅延・欠航した時のLCCはデメリットが大きい | LCCを使う時はトラブルを考慮して事前対策が必要