バニラエア利用での国内旅行で、遅延にあった

LCCを使う時はトラブルを考慮して事前対策が必要

長蛇の列に並んでも説明は曖昧ですし、そもそも振り替えを無償でしてくれるというケースになったなら、手続きは要らなかったそうです。
そういうことをまずは拡声器で全員に説明してくれたら、あそこまで列が長くならなかったでしょう。
人件費を削って格安で運航していることは分かるのですが、下手したら暴動が起きるんじゃないかな、と思いました。
やっぱり有事の際、今どうなっているのかの説明くらいは必要です。
今回のことで、LCCを利用する際には日程や時間に余裕がないと有事の際に致命的となること、係員がそもそも常駐していないので折り返し便や運航状態は自分で調べるほうが早いし、イライラしなくて済むと分かりました。
スマートフォンを持っているのであれば、それを駆使して現在の状況を調べ、他の便で戻れるのであればお金はかかりますが即行動するほうが確実に帰ることが出来ます。
今回はヘトヘトに疲れてしまいましたけれど、LCCの対応としてはあんなものだと思っておくくらいで丁度いいと思いました。
そしてこれから国内旅行にいく時でも、日程には余裕を持たせてLCCを利用すると誓います。
普通に遅延などのトラブルが出ない時には大体快適なフライトが出来ていますので、他では文句はありません。

LCC航空で初めて遅延で乗れなかった体験 | 遅延・欠航した時のLCCはデメリットが大きい | LCCを使う時はトラブルを考慮して事前対策が必要

バニラエアバニラエア|セブ